一生夏季休暇

読んだ本の感想を残します。ネタバレしかありませんので悪しからず。

【感想】十二国記『丕緒の鳥』| 一言も出てきてないのに尚隆を感じられるなんて。

短編集、でした。

あらすじ見てるといつものメインキャラクターが出てこない風味だったので、読み飛ばそうかなとかも思ったのですが、刊行順遵守組(?)としてはやはり読むべきよなと。

結論、いい。

4話とも主人公は官吏だったり民だったり。言ってしまえば地味な風景が続くのですが、その背景には私の良く知る十二国が垣間見えるのです。なんか奥ゆかしくて萌える。

そんな短編を1話ずつコメントさせていただきたく。

丕緒の鳥

陽子が登極するかしないかくらいの慶国のお話。よー分からん陶器でできた鳥(陶鵲)を撃ち落とす儀式(説明が適当すぎる)を管轄する丕緒という人物が、新王(陽子)登極に合わせて陶鵲作れと言われるものの、乗り気になんねーなとぶつくさ言ってる話です(合ってる?笑)

無能な女王が続いて荒んでいる国情がすごく伝わってくるし、射儀そのものの意義に対する不信感、どうせ新女王も政に興味なく民を棄てるような奴だろうという諦めのような空気、を丕緒がぷんぷん匂わせているわけですが。

新王に何か感じてもらいたいと考えて新作の陶鵲を作って披露して後、陽子は丕緒を呼び出して話すんですよね。

どう言えばいいか分からないが、胸が痛むほど美しかった、と。丕緒の想いが伝わったのかな、というシーンです。

このちょっと不器用な、でも真摯な伝え方が陽子らしくていいですよね。好き。

 

②落照の獄

これはひたすら考えさせられる話でした。

柳国の話なので、風の万里で国が傾き出しているのでは...と延王延麒が言ってたくらいの知識しかなかったので、余計な感情なく(笑)没頭しておりました。

端的に言うと、死刑ありかなしか論ですね。

二十数もの犠牲者を出した凶悪殺人犯。柳では死刑はするなとの王のお達しがあった。しかし民意は死刑を求める声が圧倒的。ついには王も(死刑にするしないは)官吏の判断に任せるよと放任なさる。

舞台は架空の十二国ですが、死刑の是非が本当に難しいということはどこでも一緒。これ答え出ないんだよなあというモヤモヤを感じながら、結局最後もうーんというスッキリしない感で終わりましたね。でもこれがリアルですよね。。

 

③青条の蘭

お国を救うお薬草を王に届けるお話。(ですよね?)

このお話のズルいところは、最後の2ページ?くらいのところまでどこの国が舞台か明言しないところですよ。

ちなみに私は事前のネタバレでこの話は雁国らしいぜ...と知っていたので、どこで尚隆出てくるの!!ふんぬー!とずっとヤキモキしてました。

でもあまりに言及しないもんだから不安になりましたよね。あれ、記憶違いでこれ雁じゃないんだっけ...もしかして慶かしら...と。

そんなこんなで最後に

関弓!玄英宮!!

とおなじみワードが出てきたところで私スタンディングオベーション

(州の名前に詳しい人だったらもっと早くに気づいたのかしら)

まあ最後まで尚隆の名前も姿も出てこないんですけどね。きちんと尚隆が届けを聞き入れて、祈ってくれたんだなと分かるエンディング描写。粋だなあ〜と感銘を受けました。

尚隆もだけど、帷端も名前は直接出ないですが言及されていましたね。王に取り継いでくれそうな遂人が新たに就きましたようですよ、とさりげなく。

間接的にしか本人出てきてないのにエモみを感じるこの読書体験!!読んで良かった丕緒の鳥

 

④風信

こちらもあまり慶国であること明言されてなかったですかね。

女を国外に追放したり殺害して...という描写で先代の予王がやらかした後の慶国であるとわかります。

主人公の蓮花は疎開先の盧で暮らすことになりますが、そこでは暦を作る仕事を担っている官がいて、蓮花もその仕事を手伝うようになり。。

この暦作りっていうのが最初ピンと来なくて、カレンダー作ってるってこと?とか思っていたんですが、「この時期にこの農作物を植えて〜」とかかなり実用的な内容を盛り込んだカレンダーのようで。民が農業をして生活をしていくための必需品というわけでした。

作中に出てくる暦作りの作業?が地味で地味で...蝉の抜け殻をひたすら集めたり、遠く目標物がどのくらいの曇り度合いかをひたすら計測したり...
こういう職業って、昔は実際にあったんですかね?

地道な職業のお話なのであまり華やかな感じが終始続きますが、こういう下支えの仕事があって国が成り立っているということを感じさせる一編でした。

陽子が新王となって国は立て直されていくでしょうが、きっとこの盧での営みは変わらないんだろうなあと。

 

という感じで、陽子やら尚隆やらの影をささやかに感じる裏エピソード4編。私登場人物の名前すぐ忘れがちなので、②と③に関しては主人公の名前すら書いてないw

ですが本当に、それぞれがそれぞれの国で、役職に真摯向き合って生活をしている様というのが感じられて、より一層十二国記の世界をイメージすることができた気がします。

いつものメインストーリーでは王とか麒麟とか天に近いところ目線で見ることが多いので、どちらかというと地に近い職業を通じて見る国の風景は新鮮ですね。

とはいえやっぱりメインストーリーが気になって来ちゃいますのでね、ずずいと次のシリーズを読み進めていきたいと思います!

 

 

【感想】十二国記『風の万里 黎明の空』| 陽子イケメン具合に目覚めてしまう回

前作を読んで尚隆様!!な気分でこちら読みました。慶国メインの話だよなー、延王延麒出てくるかな〜泰麒はまあ出てこないだろなあ〜

という感じであまり慶国メイン話への期待感がなかったのですが、、

めっちゃ面白かったです結局!

今回は陽子の他にも主人公ポジションの女の子が2人出てきました。大木鈴と祥瓊。

鈴も祥瓊もちょっと性格ひん曲がってるというか、境遇が境遇なので仕方がないですが、特に上巻読んでいる辺りだと

この2人あんま好きじゃないなー

って感じでした。祥瓊なんて景王討つとか言ってましたしね。

一方の陽子は陽子で、こちらの世界を知らなすぎて官吏(そして景麒)からため息つかれる始末。延王は気長にやれや〜って感じで励ましてくれたけど(さすが治世500年の貫禄!格好いいね!)、陽子は真面目さんだから...
景麒も気が利かないしね!(泰麒にもっかい触発されてこいや!)

鈴も祥瓊も自分と同じ年頃の景王に会うという目的で慶を目指して、そして陽子も国を知るために里家に下って。

鈴は清秀、祥瓊は楽俊と、旅の途中で出会って自分を顧みる機会があって。

陽子も遠甫(スーパーお爺ちゃんでびっくり)に色々教えてもらって、王としての心持ち?を得ることができて。

とにもかくにも、同じ年頃の3人の女の子が、この慶国で巡り会えたのが本当にいい。

性格合わないんじゃないかと思ったけど、今後も仲良く関係性を保てそうで、ほんと陽子ちゃん良かったね!!

そして、そういえば上巻の最初で初勅に迷っていたなあということを思い出させる、エンディング。

伏礼を廃す、いいね〜!!!!

景麒もまじかよってなってるのがいいですね!!

そう、陽子と景麒の絡みも本作ですごく楽しませていただきました。

月の影の時は、ほぼ景麒は捕らえられてて陽子とのシーンはなかったですからね。

景麒が里家にいる陽子を訪ねて、恋人と勘違いされてるシーンとか。

これめっちゃ良きでした。新潮文庫の挿絵もいい。なんだかんだ仲良く?しているようで私は安心ですわよ。。

私は少女漫画脳なので、恋愛要素がちらつかされると盛り上がってしまうきらいがありますので。。

(たぶん十二国記って恋愛要素ほぼ無いんだと思ってます。だからこそ妄想がね、ちょっと捗りますよね)

それと!!私が読んでいて絶叫したシーンははい、やっぱりこちらですね。

陽子の言動から泰麒を思い出して、「かの国はあちらだろうか」と景麒が物思いに耽るシーン!!

不意打ちの泰麒!!

てか景麒、泰麒好きすぎるでしょ...

(読了後、しおりはそのページにしっかりと挿んでおります)

 

雁国の話を見てきて、やっぱり官吏って重要よね(主上を見下すことがあってもね)と思っていたので、陽子にも信頼のおける官吏が集まってくれて本当に良かった。気軽に話せるお友達もできたしね。

そして陽子は格好いい。月の影の時はあまり感じなかったけど、男っぽいぶっきらぼうな口調と相まって、すごく格好良くて好きになりました。

(シリーズのメインキャラクターを必ず好きになるの、ほんと自分ちょろいわ...)

慶もひとまず落ち着いて、この先はいくつか短編や番外編を読み進めてゆきます!

本作でもちらっと出てきた供王の珠晶ちゃん、今のところめっちゃイメージ悪いんですけど、「図南の翼」はかなり人気なようなので、どんな話か楽しみです。

【感想】十二国記『東の海神 西の滄海』| 一生雁国の話読んでいたいよ尚隆さま

普段は飄々としているけど、心の中には熱いものを持っている、そういうキャラクターっていいですよね。

私も例に漏れず、飄々としてるキャラクターすぐ好きになっちゃうんです、昔から。

私前回の感想で、最後にこう書いているんです。

風の海〜を読了後の気持ちとしては、ぶっちぎり泰麒が1位なのですが(個人の感想です)、他シリーズを読むことで私の中の推しにも変化は訪れるのでしょうか...

はい、1位変わりました。

小松三郎尚隆さまです〜!!

この十二国記というのは、読むたびに推しがどんどん増えていく系ファンタジーということですかね。

そもそも延王の登場回数が多いから、雛鳥の刷り込みみたいに勝手に愛着湧いてしまいますよね。月の影でも風の海でもいい感じで登場していたし...
まあ今回は延王が即位して20年くらいの話なので、泰麒はもちろん出てこない訳で。出てこない分、尚隆&六太に持っていかれますよね〜

王と麒麟の関係性としては珍しく、延麒は全く延王に対して遠慮なく物申すし、延王も全く気にする様子もない。まあ六太は誰にでも口が気軽ですが。

てっきりこの2人だけの独特な空気かと思いきや、部下の官吏からもめちゃくちゃボロクソ言われている尚隆よ。。

他の国には見られない破茶滅茶王宮?っぷりが楽しいですよね〜

官吏からしたら本当に溜まったもんじゃないでしょうけど。でもその鬱憤を直接受け止めちゃうところは尚隆の人徳と言いますか。

今回のお話で謀反は起こされるものの、その後500年くらいまで雁国は続くわけですから。

陽子が雁国に来る時にはすごく賑わいのある国になっていましたもんね。海客にもきちんと身分を与えてくれる。

尚隆は一国を守ることができなかった過去があり、六太は戦火による貧困で親に捨てられた過去があって、そんな二人だからこそ長い治世が実現できているのでしょうね。

神籍に入ると不老不死になるという設定、なんでかね〜と最初は思っていましたが、人間のたかだか数十年では一国をどうこうすることも難しいし、不老不死であることで成し遂げられる平和もあるだろうなと思いました。

雁国が全面主役の話はおそらくこの一冊だけなのかなと思いますが、他国から見た雁国はこれからもたくさん登場してくれるだろうと期待しています!

なんだかんだで仲良しな尚隆と六太。だてに500年一緒にやっちゃいないぜ感がとてもいい。六太のツンデレもありがとう!
最後の方の挿絵良いですよね...尚隆に頭ぽんぽんされてる六太...甘えたちゃん!実質33歳なのにね!!成獣になると成長止まっちゃう設定、万歳!身長差ありがとうございます!!

私このシーン電車で読んでたんですけど、めっちゃニヤニヤしてたわ。

コロナ禍でマスクしてるメリットって一番はこういうとこだったりする。

 

【感想】十二国記『風の海 迷宮の岸』| 私も女仙になって泰麒を愛でくりまわしたい

泰麒が可愛すぎて、仕事中にPCで「泰麒」って文字打ってました(末期症状)

 

魔性の子』での不憫な高里要を見てきたので、幼少泰麒の無邪気で人懐っこい子供らしさ全開の姿にメロメロでした。皆さんも、そうですよね!!?

 

プロローグの高里家の情景は『魔性の子』の冒頭と一緒。あ、あの場面の続きなのだな...と引き込まれていきました。

蝕によって泰果が流され、見つけられぬこと10年。延麒が見つけてくれたんだと!

何だか居心地の悪かった日本での生活から一変して、何一つ不自由なく愛される生活。でもやっぱり恋しくなってしまって泣いてしまう場面も。そりゃそうだよね、10年過ごしてきたんだから。

玉葉の計らいで景麒と過ごすことにもなって、初めは無愛想だった景麒も泰麒の影響もあってか優しくしてくれて。なんだか兄弟のように仲良くて微笑ましかったです。月の影〜では景麒の内面がそこまで描かれていなかったので、景麒株がめちゃくちゃ上昇しました。お前もいいやつじゃん?(のちにそれが災いとなりますが...)

とにもかくにも人懐っこい泰麒ちゃん。李斎にもべったりでしたもんね。

饕餮(とうてつ。漢字難しすぎるだろ)を折伏させることができたのも、本当によかった。黒麒麟すごいね!みんな待ってたよ!

あとは転変するだけ!よかったね〜なんて思ってたら、帰って欲しくないという理由で?天啓もないのに?驍宗を引き留めるために契約してしまうだなんて。

宮に戻って契約がなされたことを女仙たちに知られて、お祝いムードになって、この一文ですよ。

 

ーー泰麒の罪は確定した。

 

やめてあげて...!せっかく転変できて麒麟になれて、なのにこんな苦しみを泰麒が背負うなんて...
ここからはもう読む方も苦しいですよ。明らかに泰麒が元気がない。真実を驍宗にも言えるはずがない。

ああ、それで戴国はうまくいかなくて泰麒は蓬莱に戻ったりしたのかなあ...なんて考えていた矢先。

景台輔を驍宗が呼んでくれました。驍宗優しいんだよなあ...
泰麒は自分の罪を景麒に告白します。景麒、泰麒を助けてあげてお願い...
と、今度は延王と延麒も景麒に呼ばれて登場。

麒麟は偽りの誓約はできない。

泰麒が選んだことこそが、まさに天啓だったのですって。

よかったよ...泰麒...
罪なんてなかったよ泰麒...
ちゃんと教えといたれよ景麒...
小芝居えぐいよ延王...
さまざまな思いはありますが、めでたく戴王即位!

挿絵の泰台輔は凛々しいお顔ですね!

そういえば名前ももらいましたね。蒿里(変換で出てくる!!)ですって。延麒にもいい名前だねって言われてよかったね泰麒!

ここから魔性の子に繋がるエピソードはまた先ですかね。とりあえずはハッピーエンドでした。

ちなみに、新潮社の十二国記キャラクター投票によると、泰麒は4位だそうです。

「十二国記」30周年記念 あなたが好きなキャラクター投票 結果発表! - 小野不由美「十二国記」新潮社公式サイト

風の海〜を読了後の気持ちとしては、ぶっちぎり泰麒が1位なのですが(個人の感想です)、他シリーズを読むことで私の中の推しにも変化は訪れるのでしょうか...

 

【感想】十二国記『月の影 影の海』| 陽子ちゃんをひたすらに応援する回

上巻、辛すぎません...?

 

私、十二国記の公式サイトとかちょっと見てたんで、楽俊っていうネズミが助けてくれるみたいなことは知ってたんですよ。

 

えっ、上巻で楽俊でてこないの...??

(上巻最後のページ読んだ時の率直な感想)

 

仮にも主人公だから、虐げられても裏切られても、最後にはどうにかなるってのは分かってるんです。

でもあんなに何回も裏切られてしまうと、えっ...これもしかして最後まで報われないパターンもあるかいな...って気にもなってきてしまいますよ。

海客のじじいもさあ...苦労したのはわかるけどさ...

そんなこんなで人を全く信じない陽子ちゃん爆誕ですよ。楽俊のこともめちゃめちゃ警戒しますわよそりゃ。

下巻で楽俊登場して、どれだけほっとしたことか。陽子ちゃんこれでもう大丈夫だよ、って。

 

そんな楽俊とも雁国に向かう途中ではぐれてしまって、見捨ててしまった良心の呵責もあってまた辛い。楽俊とはここまでだったのかな?キャラクター投票1位なのに??もっとこれ以上活躍あるはずでしょう!!

 

そんな私も願いもあって、雁国で無事再会できた二人。よかったね、本当によかったね。

 

そんな中で台輔。タイホ。

最初からタイホって言葉を楽俊に伝えていれば!こんなに遠回りせずに済んだのに!

個人的に台輔って言葉がすごく好きです。ここ数日、頭の中でめっちゃ台輔台輔言ってます。特に泰台輔って可愛くないですか!?タイタイホって...

景台輔の主ということは陽子ちゃんは景王。まさか、まさかですよね(私はネタバレで知ってましたが)

もう契約交わしてるから手遅れっちゃ手遅れですけど、陽子ちゃんは自分には務まらないと。

でも麒麟が選んだから天啓ですからね。

そんな悩める陽子ちゃんに、どうすれば自信が持てるのか尋ねられた延王。この後の二人の会話が本当に好きです。

 

麒麟が選んだのだから、文句があれば麒麟に言え、と思うことだな」(延王)

「それが名君になるコツ?」(陽子)

「そうだろう、きっと。少なくとも俺はこれでやってきたからな。文句があれば延麒に言え。それでも不服なら自分でやってみろ、と」(延王)

「......なるほど。覚えておこう」(陽子)

 

延王めっちゃ素敵。私も仕事に行き詰まった時は、文句があれば採用担当に言えスタンスで行きます!!(違う)

 

この言葉、陽子にはめっちゃ助けになったんじゃないかなあ。王なんてなりたくてなった訳じゃないし、国のことも分からないし不安だし。

時代は違えど同じ胎果ですからね、延王も。これから先も心の支えになってくれるのではないかと思います。同郷っていいよね。

 

実際に景王となった陽子のその先は次以降のシリーズですね。立派な王になっているのかな。

読み進めるのが楽しみでなりません!

【感想】十二国記『魔性の子』| 高里要くんを愛でる回

...ではないんですけど。

風の海 迷宮の岸を読み終わった今書いているので、泰麒愛が凄すぎてタイトルが暴走している気がします。

魔性の子をどのタイミングで読むのが良いかは諸説あるようですが、私は一番目にしました。

なんか刊行順に読んだ方がそれっぽい気がしませんかね?ってことで。

十二国記がどんなものかもよく知らぬまま、おそらく異世界帰りなのであろう不運続きの高里を不憫に見てました。

そんな高里をこの一冊で見ていたからこそ、風の海〜での愛らし泰麒ちゃんが本当にもう可愛くて可愛くて。

あの泰麒ちゃんがどうしてこんな...

十二国記を知らないとただのホラー小説だよと言われていましたが、私的にはそんなホラー味は強くないかなと。あれかな、異世界からの攻撃でしょ?って諸悪の根源が分かってたからですかね?そんなに怖い感じはしなかったです。...普段ホラー読まないので比較はできませんが。

それにしても犠牲者が多すぎて、だんだん麻痺してくる感覚でした。大義しか分からないからって...ねえ。高里一家だってさあ...容赦なさすぎだよ...
風の海〜で泰麒が恋しがっていたお家ですよ?疎外感を感じながらも...ねえ?

それにしてもあの愛らし泰麒(しつこい)がこんな暗い影を落としちゃって...何があったの?

 

シリーズ序章というだけあって、十二国記を匂わせる程度の感じでしたかね。

最後の方は高里が記憶を取り戻して、胎果だのなんだの、十二国記用語が出てきていましたが。

(先程ちらっと読み返したら、延王の名前も出てきてましたね!尚隆さま!!)

 

そして高里は故国に帰ることができて良かったですけど、残された広瀬の行方も気になりました。

異質で似たもの同士かと思いきや、高里は格が違いましたから。

異質なのは自覚しているけど、広瀬にとっては還る故国もなくて逃げようもない。ハッピールンルンとは行かないでしょうけど、どうか穏やかに生き続けていてほしいなと思います。

 

そういや、広瀬が教生やってた高校って男子校でしたっけね?高里くん綺麗な顔してるから、共学だったら絶対モテてたし男子校だとしても密かにモテてるだろうな...(祟るからそんな悠長なこと言ってられないか)

十二国記を読み始めました

小野不由美十二国記』を読み始めました。

全15巻をメルカリで購入し、発行順に『魔性の子』から読み始め、現時点で4冊目『風の海 迷宮の岸』まで読了しました。

既にすんごいハマっているので、シリーズ全巻読み終えた時に比較できるよう、途中での感想を備忘録として残してみようと思います。

今のところ泰麒が愛おしくてしょうがないので、そんな気持ちもシリーズ通してどう変わるのか...